年下の上司を好きになって、1年片思いしたけれど両思いになれた。

年下の上司を好きになって、1年片思いしたけれど両思いになれた。

【性別】女性
【職業】(恋人同士になれた時)
バイト
【自分の年齢】
好きになった時30歳、恋が成就した時○歳
【相手の年齢】
好きになった時30歳、恋が成就した時32歳
【好きになってから恋人になるまでの期間】
1年片思い、から恋人になれた。





【出会い】
バイト先の上司だった人で、年下だったので最初はあまり気になっていなかった。
お互いにパートナーもいました。

【好きになったきっかけ】
週に4日くらい会うし、シフトで人が少ない朝に突然直接電話をしてきて、今日悪いけど来れる?と言われることも多くなりました。
意図的なのか、二人きりのシフトがあったりしてプライベートな話もするようになり、意識しだしました。
ランチにも二人だけで行くときもあり、その時はいつも奢ってくれてお互い少し距離が縮まっていきました。
仕事のアドバイスや悩みに、いつも的確な指示を出してくれるし、年下だけど頼りがいがあったからです。




【好きになった人について】
外見は、スラッと細身で黒髪ツーブロックヘア、黒縁メガネの普通のルックスです。
父親の跡を継ぐ二代目なので、なんとなくプレッシャーを感じている悩みもありそうでした。
私服は凄くカジュアルで、若いなーという印象。




【片思い中の相手との関係】
上司と部下で、しかも上司だけれど7つも年下で、どう接してよいかわかりませんでした。
積極的に話しかけ過ぎると、他のお局様的な女性から嫌味を言われたりして、なかなか近くにいけませんでしたが、こそっとランチとか行きました。




【片思い中の悩み】
自分が年上だし、お互いにパートナーがいると知っていたので悩みました。
私は、当時の彼氏とは冷めきっていたから、もっと片思いの彼と仲良くなりたいと思いつつ、会社内で恋愛トラブルになるのは嫌だなと感じていました。




【恋の相談をした人】
誰にも、相談出来ませんでした。
良い年して、初恋みたいにウキウキしたり、沈んだり、人に言ったら笑われそうで。
しかも、両思いになれる可能性は無いと思っていたので、ひっそり想っていたらしあわせ!て感じてました。




【片思い中に頑張ったこと】
彼が、風邪気味で喉が痛いと言っていたら、良いのど飴や栄養ドリンクをこっそり社内冷蔵庫に入れておいてあげたり、旅行へ行ったら何気ないお土産を買って、渡すときに沢山話せたり。
小さなアプローチはしていたと思います。
あとは、シフトで人が少ない土曜日にいつも仕事を入れて、帰宅のときに話す時間を持てるように、考えたりもしました。
それはすごくうまくいって、土曜日はよく二人きりのランチタイムを持てました。
でも、踏み込んだ話は出来なくて、日常の何気ない話や本当に世間話しか、お互いしませんでした。
なんとなく、好意を伝えてしまったら仕事の上でマズイことになりそうで、今の関係が心地よく感じて壊したくないとも思っていたと思います。




【恋人になれたきっかけ】
年末に会社で、忘年会がありました。
大いに盛り上がりましたし、彼とも近付けた気がして楽しく過ごせた1次会でした。
ほとんどのバイトさんが、1次会で帰宅してしまいましたが二次会はたった3人だけ、更にアルコールが入りだんだんくだけた話も出来るようになりました。
もう遅い時間になって、じゃあ、おひらきですね!と3人で挨拶して別れたのですが、直ぐに彼から電話がきて「あと、一杯だけ飲もう!」と。
もう、嬉しすぎてドキドキが止まらなくてやばかったですね。
再会したとたんに手を繋がれて、次のお店では二人でカウンターに座り、告白されて、お客さん沢山いるのにチューされて、びっくりしました。
それが付き合うきっかけの一日でした。




【簡単に言うと・・・】
恋人になれて、今も付き合っている

【現在の関係】
付き合いはじめて、約6年くらいたちます。
何回かくっついたり別れたり、1年くらい別れていて連絡取らない時期もありました。
でも、お互い相手がどうしても気になるというか、生きてるか死んでるのか、なにして暮らして幸せなのか?が気になって再会すると、やっぱり復活しちゃうという繰り返しです。
これからも、ずっと一緒だと感じます。



【片思い中の自分へアドバイス】
片思い期間は、つらいこともあるけど、ピュアでまっすぐな今の気持ちを大切にして欲しいです。
乙女みたいな、初恋女子みたいなその気持ちを恥ずかしがらずに、まっすぐ彼に向かえば良いと思います。
あまり嫉妬に狂ったりしないで、好きな人を信じてそのままの自分で、彼を見つめていたら良いと思います。
あなたの良いところを大切に。