自分を変えてくれた、彼との大切な出会い。

自分を変えてくれた、彼との大切な出会い。

【性別】女性
【職業】(恋人同士になれた時)
大学生
【自分の年齢】
好きになった時18歳、恋が成就した時20歳
【相手の年齢】
好きになった時19歳、恋が成就した時21歳
【好きになってから恋人になるまでの期間】
1年半くらい片思いしてました。





【出会い】
最初の出会いはバイト先が一緒で出会いました。
私はウェイトレス、彼はキッチンでした。
最初はただのバイト仲間でした。

【好きになったきっかけ】
バイト先が一緒だったのと、大学も同じで同じ学年(彼は一浪して大学に入学してきたので)だったので、学科は違いましたが生活場所が似ていて、またお互い一人暮らし同士で借りているアパートもかなり近かった事から、いろいろと話したり、時間を共有するようになっていき、だんだんと仲が良くなり、気づいた時には好きになっておりました。
これといったきっかけはありませんが、とても話が面白く一緒にいてとても楽しい彼でした。




【好きになった人について】
性格は兄貴肌のリーダータイプ、困っている人をほっとけない人でした。
関西人で話が本当にうまくて面白かったです。
高校生の頃はバスケ部の部長をしていたようでスポーツマンだったみたいです。
大学では運動部ではありませんでした。




【片思い中の相手との関係】
片思い中は、ただのバイト仲間で仲が良い女友達のひとりとしか思われていなかったとおもいます。
挨拶や世間話、友人関係や悩み相談など話は一晩中でもしておりました。
お互い話したり人の話を聞いたりするのが好きでした。




【片思い中の悩み】
片思い中は彼にすでに付き合っている相手がいたので、告白などもできず、思いを胸の中に秘めておくことしかできませんでした。
学校もサークルもバイト先も同じだったのでどうしても毎日、顔を合わせることになってしまい辛かったです。




【恋の相談をした人】
誰にも相談するつもりはなかったのですが、唯一、後輩の男友達には相談をしました。
相談する気はなかったのですが、ずばり私の好きな人を言い当てられてしまったからです。
周囲からしたらバレバレだったのかもしれません。




【片思い中に頑張ったこと】
相手が好きなバンドやバイクなど雑誌を買ったりして一生懸命、勉強しました。
少しでも共通の話題を作って、一緒にいて話していて楽しいやつだねと思われたかったからです。
服装なども好みを探ろうとしましたが、あまりよく分からず、その時に流行っていた服装をバイト代から捻出して一生懸命買ってそろえたりしておりましたが、のちのちこれは無駄だったなと分かりました。
彼の服装の好みは真逆で、流行の服よりも着飾らないジーンズにTシャツなどシンプルでラフなものが好きだったようです。
それを聞いた時はかなり服装にお金を使ってしまっていた自分だったのでかなり脱力したのを覚えています。
もっとよく好みを探っておけばよかったと後悔しました。




【恋人になれたきっかけ】
彼にはすでに付き合っていた人がいたので、思いを伝えるのはあきらめておりましたが、1年以上たったある日、彼がその彼女と別れた事をサークルの友人から聞き、知りました。
本人の口から真相を聞きたかったけど、なんだか気が引けてしまって聞けずに数か月経ってしまいました。
ある日、彼と一緒にラーメン屋さんに食事に行ったとき、彼が前の彼女はラーメン屋で食事をするのは嫌がっていたので結局、一度も一緒にラーメンはたべられなかったなぁ…と言う話をしだしたので、そこで初めて彼の口から別れた事は確認できました。
それから一か月後、かれから告白されて付き合う事になりました。
特に自分からは何も行動できなかったなと今、思いました。




【簡単に言うと・・・】
恋人になれたけど、今はもう別れた

【現在の関係】
彼と恋人どうしだったころからはもう十年以上たっています。
大学卒業とともに私の海外留学のタイミングで別れました。
その後はお互い社会人になってから結婚を別々の人として家庭をもっています。
今はフェイスブックでのみつながっており、相手の近況をたまに知る程度の仲になっております。
子供達もお互いすくすく育っております。



【片思い中の自分へアドバイス】
彼との思い出は、まさにきらきらした青春の1ページとして心に残り続けます。
辛いときなどふとした瞬間に思い出しては自分の心を温かくしてくれる大切な思い出となります。
自分の思うがまま、彼と色々な話をして経験していって下さい。
彼の言動一つ一つがこれから自分がどんな人になりたいかの参考になります。
頑張って下さい。