中学校の同級生。しばらく片想いだったし相手も彼女がいたりもしましたが、思い続けて叶った恋でした。

中学校の同級生。しばらく片想いだったし相手も彼女がいたりもしましたが、思い続けて叶った恋でした。

【性別】女性
【職業】(恋人同士になれた時)
大学生
【自分の年齢】
好きになった時14歳、恋が成就した時20歳
【相手の年齢】
好きになった時14歳、恋が成就した時20歳
【好きになってから恋人になるまでの期間】
初めて好きになった年は14歳ですがその後思い続けて20歳の時に恋人になりました。





【出会い】
最初の出会いは中学校一年生で同じクラスになった時です。
中3でもう一回同じクラスになって唯一の異性の仲良しの友達でした。

【好きになったきっかけ】
彼は外国人のハーフで最初に会った時からかっこいいなと思っていました。
中学校一年生の時は席が前後で1番最初の私のお友達でした。
中学3年生の時彼は体育祭で副団長をしていてリレーのアンカーだったんですけれど、最下位だったのに一位でゴールしてとってもカッコよくて、普段は仲良しの友達でばかみたいに話すけれどその姿にめちゃめちゃ男のギャップを感じて彼のことが気になり始めました。
男の子!だったけれど男!!!として彼を意識するようになった感じです。




【好きになった人について】
クラスのムードメーカーと一緒にいるような男の子でした。
副団長をやるような方でリーダーではなくその次みたいな大人しくて爽やかだけど周りから支持されるシャイな方でした。
バスケ部で茶色髪でハーフで背が高かったです。




【片思い中の相手との関係】
片想いしている間はまず中学校3年生の時は相手からも友達としか思ってもらえないような感じでザ・親友といった中でした。
会話の中でも「○○は俺の1番仲良しの友達だもんね?!友達にしかみれないし」みたいな事を言う間柄でした。




【片思い中の悩み】
相手が私のことを親友だと思っているからこそだとは思いますがめちゃめちゃ相談に乗ってくれたり、私が落ち込んだり元気がないとかも1番に気づいてくれたりするのでそういうのに無性にドキドキしていた気がします。
また距離も近かったのもドキドキしました。




【恋の相談をした人】
クラスで1番仲良しの、かつ、おさななじみの女の子のお友達に相談しました。
「えーーー!!!そうだったの!!!めちゃ親友だったじゃん!」と最初言われて驚かせてしまいましたが、親友からの恋もあると思うよ!と伝えてくれました。




【片思い中に頑張ったこと】
正直中学校の時はもう友達のままでも良いやと思っており、彼の隣で彼と1番楽しい青春をすることに精一杯でした。
ただ20歳になった時に3年ぶりくらいに会うとなった時にめちゃめちゃ頑張りました。
あの頃は女と思ってもらえなかったけれどハタチになった今はお酒も飲めるようになったし相手に女として見てもらいたいと思うようになりました。
ショートカットだった髪型はロングにしていたので髪をゆるふわに巻いて髪の毛も栗色に染めました。
中学校の頃はおしゃれに興味がなかったのでTシャツにデニムでしたが、スリットの入ったスカートにデコルテの出る洋服を着て会いに行きました。
「女の子っぽくなったね!久しぶり!」と言ってくれた言葉めちゃめちゃ嬉しかったです。




【恋人になれたきっかけ】
久々に彼と会った時に「やっぱりこの人といるとめちゃめちゃ楽しい!」と思って、それから遊びに誘うようになりましたが、「彼氏がいないからデートもしばらくしてないし、デート付き合って!」と私が彼に伝えてから美味しいディナーをするようになったり、小さい頃憧れだったみなとみらいの観覧車に乗ったり、江ノ島水族館に行ったり、王道デートを彼と一緒に楽しみました。
デートを5.6回繰り返して最後に2人でお酒を飲んでいる時に彼は少し酔っ払っていましたが「○○が彼女だったら良いのにな」と言ってくれて、最初は冗談かなと思っていたのですけれど、でも冗談じゃなくて結構まじ。
と返事が返ってきてそこからお付き合いするようになりました。
最初会った時から半年くらいだと思います。




【簡単に言うと・・・】
恋人になれたけど、今はもう別れた

【現在の関係】
彼と恋人になってからもう3-4年経ちますが彼とはお付き合いして2年ほどで別れてしまいました。
お付き合いする一年くらいはとても順調だったのですが就職を目の前にしての価値観の違いに「この人とはこの先までは一緒にいられないかもしれないな」というフィーリングが働き私の方からお別れを告げてしまいました。
やりたい事をやりたい彼とお金も必要だと思う私での価値観の違いです。



【片思い中の自分へアドバイス】
めちゃめちゃ頑張ったと思います!!!
不毛かと思われた恋だったけれど、年齢を重ねる事で彼に女性として扱ってもらえるように努力して、またストレートに気持ちをぶつけたからこそあの時大好きだったかれとお付き合いできたのだと思います!その時の思いは伝えないと絶対に相手に伝わらなかったから、あの時の自分は満点です!