高校1年から高校3年になるまでの片思い。好きだった同級生を彼氏にできた話。

高校1年から高校3年になるまでの片思い。好きだった同級生を彼氏にできた話。

【性別】女性
【職業】(恋人同士になれた時)
高校生
【自分の年齢】
好きになった時17歳、恋が成就した時19歳
【相手の年齢】
好きになった時17歳、恋が成就した時19歳
【好きになってから恋人になるまでの期間】
好きになって1年半くらい





【出会い】
同級生で、同じクラスになったのが出会い。
ほんとにただ、それだけの関係で友達同士だったわけでもなく、何かあったときに話す程度。

【好きになったきっかけ】
一個下の人の顔がタイプで、気になっていたのだが、知り合いでもなかったので、近づけない。
その人にどうにか近づけないかなーと考えていたときに、一個下の人と同級生が一緒にいるところを何度か見て、この2人は、友達なんだ、だったらこの同級生と友達になったらお近づきになれると思って、同級生と話し始めた。
同級生は、優しくて、顔もかっこよかった。
でも、前に他の人と付き合っていたことがあったので、好きになることはなかったが、その時はフリーだった。
なので、その同級生のほうが、好きになった。




【好きになった人について】
顔がイケメン。
例えるならラルクアンシエルのハイドみたいな人。
中身は、優しくて、穏やかな人。
私が知っている範囲で、怒ったところをみたことがない。
いつも、イケてるグループの人と友達でつるんでいて、私なんかを相手にするような感じではない。




【片思い中の相手との関係】
同じクラスで、たまたま前後だった。
挨拶をしあう関係ではなかったが、授業と授業の合間に、彼が何か忘れ物をした時に、貸してあげたことがあったり、少しだけ、話をする程度で、盛り上がる内容ではなかったので、一言、二言程度。




【片思い中の悩み】
モテる人で、ライバルは多かった。
かっこいいのに、優しい性格だったので、非の打ち所がないように感じた。
女の子に対しても優しい態度なので、ファンは多かったと思う。
だけど、自分に自信はなかったプラス、変なプライドがあり、自分からアピールすることはできなかった。
 




【恋の相談をした人】
好きになって、ほとんどの期間は、相談しなかった。
その理由は、変なプライドが邪魔をしていた。
何故か、自分から人を好きになるんじゃなくてら人から好きになってほしいと思っていた。
でも、もちろんなんにもならないので同級生の友達に相談した。




【片思い中に頑張ったこと】
笑顔でいることぐらい。
いつも笑顔なんだなーって思ってもらうことくらい。
あとは、その彼と仲良くしていた男の同級生と話をしてみたりした。
話しているときに、彼がきたらそのままの流れで話ができるかなと思っていた。
そのおかげ?で、何回かは、話することができていたが、直接2人で話すということはなかった。
身だしなみは、キレイにしたいと思い、眉毛を整えたり、ヘアアレンジをしてみたりした。
年頃だったので、多少はイマドキに見えるようには意識していた。
彼はイマドキ最前線にいたので、かわいい子だなと思ってもらいたかった。
無駄だったことは、変なプライド。
自分から好きと言えない、私は、人から告白されてから付き合う、モテる女の子だと思いたかったのだろう。




【恋人になれたきっかけ】
彼を好きになってから、1年たったころ、女の子の友達に、彼が好きなことをうちあけていた。
女の子は、恋愛の話で盛り上がるものだが、何となく自分が好きだということが、恥ずかしかった。
なので、当分の間、誰にも言わないで、ただ好きでいただけになっていた。
その女の子の友達も、応援してくれていたが、彼とどうこうなることもなかった。
そんなある日たまたま、女の子の友達がよく話している(仲のいい)男の友達と、彼が話しているところを目撃した。
その男の友達に女の子の友達から、私が、彼のことを好きなことを軽く話してもらった。
彼は私が好きだと知ったらどんな反応をするのかが気になったからだ。
私が好きということを知って、イヤな反応をされたら、好きでいることに諦めがつくと思った。
そうしたら、2日後くらいに、彼から電話で告白された。
番号も男友達づたいに、女の子の友達に聞いたらしい。




【簡単に言うと・・・】
恋人になれたけど、今はもう別れた

【現在の関係】
付き合ってからは、2年くらいだった。
彼と付き合ったことで、周りの目が変わった気がする。
あの男の彼女なんだーという感じだ。
付き合っている期間の中で、彼に渡してほしいとラブレターをもらったこともある。
私は、自分に自信がなかったので、そのラブレターを受け取り、彼に渡したこともある。
しかし、彼からは、「〇〇(私)と付き合ってるんだから、いらない」とラブレターを受け取ることすらなかった。
そういう彼の態度に、私も自分に自信がついてきた気がする。
そんな彼だったのに、自分から別れを告げた。
それは結婚しようとプロポーズしてきたのに、職についておらず、
職探しもおろそかに、友達と遊んでいたことに、私が腹をたてたからだ。



【片思い中の自分へアドバイス】
もっと自分に自信をもって。
自信がないなら、努力をして。
そして、何よりも大切な、人を好きになることに恥ずかしがったり、変なプライドをもつことをやめて。
自分から素直に、人を好きだと言うことは素敵なことだよ。
そうしたら、恋愛以外でも、仕事やそれ以外でも人が寄ってくる人間になれるんだから。
と昔の自分に伝えてやりたい。