片思いの彼を振り向かせる努力一覧【恋人になり結婚した人】体験談まとめページ

片思いの彼を振り向かせる努力一覧【恋人になり結婚した人】20人・体験談まとめページ


【性別】
女性・好きになった時15歳、恋が成就した時16歳
【振り向かせるための努力】
とりあえず半年で一度告白しました。
受験を理由にフラれましたが(笑)すごいショックだったけど、タイミングが悪かったと反省。
ですがその後もめげずに、中学校卒業したら離れ離れになってしまうというのもあり、まだ好き好きアピールしていました。
誕生日にプレゼントをあげたり、受験の前の日にはメールを送ったり、クリスマスや年末年始にも、何してるのってメールしたりしていました。
メル友がいると知ったときはすぐさまメールをして、どんな関係?と聞いたりもしていました。
受け身男子だったので、かなり積極的に行動したのは良かったんだと思います。
失敗したことはありませんが、メールも質問で返さないと返事してくれなかったので、とってもしんどかったです(笑)うざかったかもしれないですね…。




【性別】
女性・16歳
【振り向かせるための努力】
好きな人に好きになってもらうのは難しいことってわかっていたので、まずは、自分がどんな人か知ってもらう為に遊びに誘いました。
食べ歩きをして、辛いものを食べて苦しんでる彼に水を買ってきたりなどして、色々女子力を発揮しました。
ちょっとボディータッチしたり、写真を撮ったりなど、好きと気づかれない程度に頑張りました。
でも、写真を撮ってと、どうしても言えなくて、友達伝いに伝えてもらったので、そこは自分で写真撮ろ?とか言えればよかったなってとても後悔をしています。
写真を撮る時に香水だと匂いがきついので、良い匂いのハンドクリームを塗りまくってましたが、後から聞いた話では全くいい匂いした記憶は無いと言われました。




【性別】
女性・好きになった時17歳、恋が成就した時19歳
【振り向かせるための努力】
素直に好きだと言えなかったので、その分好きな人が進学してからも定期的にメールでやりとりをしていました。
メールでの連絡が良かったのか、相手の方からメールを送ってくれる頻度が増えていきました。
恋愛の話は全くしませんでしたが、2人の関係をゆっくり温めていけたと感じています。
無駄だった事は一応2人で出掛ける予定を組んだのですが、受験生と大学生のスケジュールを折り合い付ける事が難しく、彼にデートをドタキャンされてしまったのできちんと付き合うまではデートというよりも共通の友人を通じて出掛ける方が時間の無駄にならないと感じました。
失敗した事は、メールで一応告白したのですが彼にとっては分かり難かったようでスルーされてしまった事です。
告白はメールではなく、直接言った方が相手が気付かなくても軌道修正が出来ると実感しました。




【性別】
女性・好きになったとき18歳、恋が成就した時19歳。
【振り向かせるための努力】
彼の言ったことにはよく笑ったり、楽しく会話するようにはした。
彼が仕事を辞めて実家に帰ることが決まってからは一緒に居られる時間はなるべく一緒にいた。
仲良くなって1人暮らししている部屋に遊びに行くようになりDVDを借りに行った時はわざとホラー系を借りて、怖がる可愛い女子ぶって布団の中でくっついて見ていた。
まだその時は自分に彼氏がいたが、普段の会話ではちょこちょこ彼氏の話しをして嫉妬させたりしていた。
勤務日がかぶった時は今日仕事終わったら暇だなぁとアピールして仕事終わり飲みに行ったりご飯を食べに行ったりもした。
結果うまくいってるので無駄だったことや失敗したことは特に思いつかない。
やりたいようにアピールするのが一番だと思う。




【性別】
女性・好きになった時18歳、恋が成就した時20歳
【振り向かせるための努力】
女磨き・性格を頑張って直す・少しは自立出来るように趣味など見つける。
などを心掛けました。
性格ってなかなか治らないものなのですごく難しかったけど、それでも彼と付き合いたい気持ちでいっぱいだったのでここが嫌だ。
と言われた所は意識して直すようにしたり、趣味などを見つけるというのは彼にかなり依存をしていたのでそれを断ち切るように自分の時間を大切にするように運動を始めたり料理を始めたりと色んな事に挑戦をしてみました。
女磨きは彼の隣にいても恥ずかしくないように、、お洋服を買ったりメイクの勉強をしたりと少しでも「可愛いね」と言ってもらえるように頑張ってみました。
メイクが少しずつ上手くなった頃「可愛くなったね。」と言われるようになりかなり嬉しかったです。




【性別】
女性・好きになった時20歳、恋が成就した時21歳
【振り向かせるための努力】
特にこれと言って頑張ったことはなかったですが、私が彼と一緒のアルバイト先の先輩に告白されたことがありました。
先輩は彼と私が仲が良かったことを知っていたので、彼に相談をずっとしていたみたいです。
なので先輩が私に告白することも彼は知っていて、告白された後に何て返事したの?と連絡がありました。
どんな感じで告白されたのか話すために電話をし、断ったことを話すと、なぜか安心した様子だったのが少し嬉しかったことを覚えています。
絶対付き合うのかと思ったと言われ、少し心配してくれていたのかなと心の中でホッとしました。
あとは、就活の時は自分が分からないこと等を聞くためにカフェに誘ったりしました。
今まで自分から誘うことがなかったので、好意を抱いていることが少しでも伝わればいいなという思いでした。




【性別】
女性・好きになった時20歳、恋が成就した時23歳
【振り向かせるための努力】
ただ普通に仲の良い友達として遊び続けていて、彼の恋人との相談にも乗っていたので親身によく聞いていました。
もちろん聞いている間は辛かったですが、この相談を聞いていて何か別れるようなきっかけや後押しがあったら良いな?なんて最低なことを思っていたのでよく相談に乗っていました。
あまり励ましすぎると、逆に2人の仲が良くなるのは本当に時間の無駄だったなアドバイスの仕方を失敗したなと悪い心がメラメラとしていました。
ですが、彼と連絡が途切れて疎遠になる方が嫌だったので彼に何かあるたびに支えてあげたり親身に話を聞いてあげたりしました。
落ち込んでいる連絡が来れば気晴らしに遊びに行ったりと、本当に仲の良いただの友達を演じて頑張り続けました。




【性別】
女性・好きになった時21歳、恋が成就した時23歳
【振り向かせるための努力】
あまり仕事中に無駄話をしていると周り(とくに私に目をつけていたお局たち)の反応が怖かったので、飲み会や若手の集まりのときできる限り積極的に話しかけるようにしていました。
何気ない会話を重ねていくなかで、どうやらあまり女性に積極的なタイプの人ではないらしいと確信してからは、勇気を出して2人きりでのデートに誘いました。
脈ありでは?と思うような会話や仕草もあり、次は向こうから誘ってくれるかな‥?と期待することもありましたが、結局それはただの期待で終わることばかりだったので、とにかく積極的な姿勢でいくことにしていました。
どうせデートに誘った時点で好きなのはバレているので‥。
あと、お世辞にも垢抜けているとは言えない人間でしたが、清潔感だけは死守していました。




【性別】
女性・好きになった時21歳、恋が成就した時25歳
【振り向かせるための努力】
ボランティア先で丁寧に対応することで、自分の評価を上げました。
そうすれば少しでも彼の耳に入ったり、目につくのではないかと考えました。
そのかいがあって、大学卒業後にもボランティアから声がかかり、ボランティア企画終了まで呼んでいただくことができました。
なので、5年間はボランティア先で年に一回、彼に会うことができました。
学生時代は化粧に興味がなく、全然しなかったのですが、年に一度しか会えないので、その為だけに雑誌で化粧の勉強をしたり、洋服のコーディネートを学びました。
ボランティア先ではスーツであったため、私服なんて着ていく機会はなかったのですが、後日行われる打ち上げの時のためにバイトをしてお金をためて、少しいい服を買っていました。
彼の好みもわからなかったので、きれい目の服が多かったですね。




【性別】
女性・好きになった時22歳、恋が成就したとき25歳
【振り向かせるための努力】
ゴルフが上手だと聞いたので、ゴルフを始めました。
そして会社のゴルフコンペに参加しました。
女子が一人だったので彼が、幹事で色々な連絡をくれたり、教えてもらう事ができました。
初めてのゴルフ場で、ルールもわからず、一緒に回ったおじさんたちは彼が選んだとてもやさしい人達でしたが、キャディーにルールも知らずに来るなと言われ、下手なら下手なりに走れとどなられ、他人に迷惑をかけるなと言われ、一緒に回っている人もそう思っていると言われました。
もう二度と行きたくないと思ってしまいました。
その後、彼と練習場に一緒に行ったり、同期でゴルフ場のショートコースに行ったりしました。
なので結果的にはゴルフでとても仲良くなったような気がします。




【性別】
女性・好きになった時22歳、恋が成就した時26歳
【振り向かせるための努力】
私は職場から徒歩圏内に住んでいたので毎日の通勤がとってよ楽でした。
というのを彼も知っていたのですが、私たちの仕事はよく徹夜で作業、数日帰れないこともよくあります。
ある日、ノリなのか冗談なのか本気なのか、「シャワー借りに行くから」と言ってきました。
一応「ここに合鍵入れてあるんで、寝てるかもしれないけど勝手に入ってください」とデスクの引き出しに入れてあるのを伝えたら、その夜本当に家にやって来ました。
その時はシャワーだけ浴びて会社に戻ったようでした。
その後、たびたび彼は家にやってくるようになり、シャワーだけでなく、私がいれば夕飯を食べに来たり、そのまま泊まったり、私がいないのに仮眠してたり…。
いいように使われてるな、てゆーか彼女がいるのにいいのか?えっ別れたの?といつも疑問に思いながら、でも私は好きだったので、彼が求めるものに全部応えようとしてきました。




【性別】
女性・23で好きになり24で成就
【振り向かせるための努力】
とにかくこっちはあまりグイグイ行かないように程よく引きながら笑!ただ、毎日LINEをしていてお互いの休みを把握していました。
そのおかげで何もこちらから言わずとも向こうから遊びに行ってもいいかとか飲みに行こう!などのお誘いが頻繁に来て、しっかり誘いにのっていました!あとはお酒を飲み、ちょっと隙を見せたり、普段よりも可愛くふるまってみたりと、それがきいたのかは分かりませんが、可愛がってくれていたように感じます笑あくまで他の同期の前ではいつも通りに接して、二人きりになった途端に少しだけ甘える素振りを見せる!お酒のせいにする!特別感を出すのはいい作戦だったかもしれません笑好きな髪型や好きな服装もしてこっそりアピールしてました。




【性別】
女性・好きになった時23歳、恋が成就した時25歳
【振り向かせるための努力】
あまり悪い面は見せないようにしました。
同じ部署で人数も少なかったので、自分の仕事ぶりや雑談内容はよく見られている、聞かれていると意識して仕事をしていました。
また、よく笑う子が好きだと言っていたので、常に笑顔でいることを心掛けて、上司や他の先輩からの冗談やからかいの言葉にも笑って応えていました。
その姿を見ていたのか先輩からは「〇〇さんはよく笑うね。」とよく言ってくれるようになりました。
ただ良くも悪くも近くにいすぎて変にアプローチすることができず、相手に恋人ができてしまったり、クリスマスに女友達とご飯を食べに行く話を聞いたりとモヤモヤした時間を過ごすことも多かったです。
それでも人柄や仕事ぶりを知ってもらうこと、スキンケアやメイク、ヘアメイクに力を入れて少しでも可愛く見られる努力をしていました。




【性別】
女性・好きになった時24歳、成就した時27歳
【振り向かせるための努力】
頻繁ではありませんが、とにかくアプローチをしました。
メールを聞いたり、食事を誘ったり。
平日の夜軽くですが、たまに食事に行く日がでて、会社の話などをしていました。
そのうち休みの日も遊んだりしました。
食事にいったりするくらいでしたが、楽しく、いい思い出ができていて、この人と一緒になりたいなと感じた日もありました。
とにかく、忙しい人だったので、私から連絡して、積極的にアプローチをしていました。
無駄なことはなかったように感じます。
すべてが思い出。
楽しかったです。
とにかく、自分から積極的にアプローチをすることが、できればうまくいくと思います。
私が会社を辞めたあとも、頻繁ではありませんが、たまに連絡を取っていました。




【性別】
女性・好きになった時24歳、恋が成就した時26歳
【振り向かせるための努力】
とにかく毎日一緒にゲームをしたりLINEをしたりしてました。
またゲームをしてる間は楽しく笑って楽しい会話を心掛けてました。
彼が疲れてる時は話を聞いてあげたりいつも以上に元気いっぱいに振舞ってしんどさを忘れさせる様にしてました。
これに関しては上手くいっていたと思います。
私とゲームするとやぱ楽しいわってプレイ自体は下手だったけど、そう言って貰えたのでこの心がけは成功でした。
ただ、ゲームフレンドとなると彼以外にも沢山いて(異性)当然その人達ともする訳なのでその辺ではよくなかったなーって思ってます。
彼を交えてやる時も他の方と当然仲が良いので、仲良いねって言われてしまった事があるので、そういう印象を付けてしまったのか悪かったと思ってます。
仕方ないこととは言え、悪印象です。





【性別】
女性・好きになった時25歳、恋が成就した時28歳
【振り向かせるための努力】
彼には彼女がいたため、こちらからは特に何もしませんでした。
今まで通り、同僚含めて数人で遊びに出かけたり、飲み会したり…プライベートで2人きりにならないように(と言ってもそんな機会ないのですが)過ごしていました。
その間にも街コンに励み、何人かの男性とはデートをするまでにはなったのですが、そこから先にはなかなか至らず…。
たぶん、私が悪かったのだと思います。
デートしている男性と彼とを比べてしまい、彼だったらこう答えるのかなとか、こんなこと彼はしないだろうなとか。
態度に出していないと思うのですが、遠慮していたのは確かなので…。
デートをした男性には本当に申し訳ないなと今だからこそ思います。
当時は本当にどうしていいか分からなかったんですよね。




【性別】
女性・27歳の時に好きになり、付き合ったのが28歳
【振り向かせるための努力】
仕事帰りだったけど、お洒落は心がけました。
もともとは体のラインがでないカジュアルなコーディネートが好きでしたが、ワンピースやスカートも着るようになりました。
一度、デートの時に手作りのお弁当を頑張って作ってデートにも持っていきました。
彼はマイペースな面があり、のんびり屋さんだったのでせかしたくなったりもしたのですが、仕事の時以外ぐらいはゆっくりさせてあげたくて彼のペースに合わせていたのも良かったと思います。
彼氏がいない期間が多く、ある程度自立していたのも良かったと後で教えてくれました。
会うといろいろ尽くしてくれる彼でしたが、私もお返しが出来るよう日々考えて気をつけていました。
彼の趣味の野球も勉強しました。




【性別】
女性・好きになった時29歳、成熟した時31歳
【振り向かせるための努力】
彼は「社内恋愛はしない」とは言いつつも、年齢的に結婚したいと思っていることは他の人の話などから知っていました。
上司という立場上、彼の方から私に近づくことはありえないと思ったため、私から行動することに決めました。
最初は二人っきりではなく、同じ部署内の人とグループで遊びに行きました。
とにかく私が彼のことを好きだということに気づいてもらうように努力しました。
会社でも他の人が聞いていない時に彼のことを褒めたり、しばらく会社で顔を合せなかった時には冗談ぽく寂しかったと伝えたりしました。
ただ、私のそういったアプローチには気づいていたのかいなかったのか、よくわからず反応は薄かったです。
長かった髪の毛をばっさりボブに切って、私の存在を意識してもらうようにもしました。




【性別】
女性・好きになった時29歳、恋が成就した時30歳
【振り向かせるための努力】
彼が私のことをしっかり理解して話を聞いて優しくしてくれたので、私も彼に興味をもって、彼のことを知りたいという気持ちでよく話をしました。
次いつ会う?とよく聞いてくれる彼だったのですが、私からも積極的に彼と会いたい気持ちを伝えて、週1回もしくは2週間に1回は会うように時間を作っていました。
お互いにべったりと依存するのが嫌いな性格なので、会う日を決めて、それまでの日は毎日連絡はとるものの、お互い束縛は絶対にしないですし、お互いに自由な時間を過ごすようにしてめりはりをつけるようにしていました。
こちらから積極的に誘ってもしばらく連絡がなくなる時もあって、あれ?と思うこともたまにはありましたが、全体的にうまくいきました。




【性別】
女性・好きになったとき34歳、恋が成就した時36歳
【振り向かせるための努力】
相手の人は競馬が趣味で会社の人と良く競馬場に行っていたので、私も一緒に連れて行ってもらうようにしました。
私は競馬について全く知識が無かったですが、一生懸命相手の説明を聞きました。
これはだいぶ相手との距離が無くなったので良かったと思います。
私は普段服装はパンツスタイルなのですが、少しでも相手の年齢に近い恰好をしようと思い、若く見えるようにとか可愛く見えるようにスカートを穿いたりフリルがあるようなのを着てみたのですが似合わないし、変化に気づいてもらえませんでした。
会社には香水はつけて行ってなかったけど、会社の皆と遊びに行くときに少し香水をつけて行ったら好みの香りだったらしく、その日以降は出勤の日にも香水をつけて行きました。